子育てする

赤ちゃんでも詰まることがあるんです

子育ての際には考えるべきことが色々ありますね。特にその子がまだ生まれて間もない赤ちゃんである場合には、異変がないかを毎日余念のないようにチェックしてあげる必要があります。子育て中のお母さんにはほんとうに頭が上がりません。 今日は赤ちゃんに起こるトラブルの一つ、便秘とその対処についてご紹介します。赤ちゃんは母乳やミルクしか飲まないものですが、それでも便秘になってしまうことがあるのです。液体だけでも便秘になるほど繊細であるということですね。 先ず第一に、生後二ヶ月程の赤ちゃんの中には便秘になる子がいます。これはその時期に腸が成長していて、その発達過程で起こっていることなので、長く続くようでなければそれほど心配する必要はないでしょう。

便秘になってしまった時の対策

一番最初に疑うべきこととしては、母乳不足です。飲む量が少ないと水分が足りなくなるので、それだけ便も出づらくなってしまいます。毎日十分な量をとれているかの確認をしましょう。六ヶ月以降の子にはプルーン果汁を白湯で薄めて飲ませると便をやわらげることができます。 「の」の字体操や、両足を持って前後にゆっくりと動かす体操も有効です。なかなか出ないようでしたら、おしりにベビーオイルを含ませた麺棒の先を入れて十秒ほどゆっくり回しましょう。腸を適度に刺激して排便を促す効果があります。 赤ちゃんがいつも不機嫌だったり、激しく泣いては泣きやんでを繰り返すようなら、お腹に何か深刻な問題を抱えている可能性があります。治療が遅れると大きな事態に発展しかねないので、早めに医師にかかれるようにして下さい。